WOW!ライフ

  • クッキング

お菓子を持ち寄り、お家でハロウィンパーティー!

PR記事

  • Facebook
  • Twitter

今年のハロウィンは、みんなでお菓子を持ち寄ってホームパーティー。お部屋やテーブルの飾り付けは、モノトーンにハロウィンカラーのオレンジを効かせて、ちょっぴり大人っぽく。100円ショップのアクリルのグラスや紙のお皿なら落としても割れないので、子どもが大勢集まるパーティーにもぴったりです。

ハロウィンアイシングクッキーを作っちゃおう!

パーティーの主役はハロウィンバージョンのアイシングクッキー!アイシングクッキーとは、粉砂糖と卵白で作ったペースト状のクリーム「アイシング」でデコレーションしたクッキーのこと。カボチャやゴースト、コウモリなど、ハロウィンをモチーフにしたアイシングクッキーなら、パーティーが盛り上がること間違いなし!テーマカラーのモノトーンに合わせて、アイシングクッキーもモノトーンで作ってみました。

ディスプレイにもなるラッピングテクニック

お菓子をラッピングしておくと、そのままテーブルに置くだけでディスプレイになります。手前は、カップケーキを透明なラッピング袋に入れて黒のリボンで片結び。奥は、無地の紙袋に「Hallowe’en Sweets」と書いたラベルを貼り、羽を洗濯バサミで留めただけ。リボンや羽を使うと一気に華やかさがアップします。こうしておけば、残ったお菓子をプレゼントとして持ち帰ってもらうこともできます。

クッキーを割らずに保存するポイント

ピタントを使えば持ち運びにも保存にも

  • せっかくクッキーを焼いても、袋に入れて持ち運んだせいで割れてしまってはもったいないです。ショップジャパンのフードシーラー「ピタント」を使えば、クッキーをピタッと真空パックするので、持ち運ぶときに割れにくくなります。
  • お皿ごと真空パックしておけば、会場に着いたらそのままテーブルに。ラッピングのクッキーも真空パックしておけば、お持ち帰りのときも安心です。

ハロウィンといえば黒とオレンジがテーマカラーですが、モノトーンをベースにするとちょっぴり大人っぽく演出できます。グラスには黒のドットやストライプの折り紙をグラスに差し込んだり、クッキーを竹串に刺してグラスに立ててテーブルに立体感を出したりと、飾り付けも一工夫。時間とお金をかけなくても、華やかで楽しげな空間に仕上がります。

ご紹介した商品

お菓子を持ち寄り、お家でハロウィンパーティー!

Share
  • Facebook
  • Twitter

WOW!な体験記事