WOW!ライフ

  • 掃除

ペットの毛や食べこぼし…、気になる汚れとラク~に付き合うには?

PR記事

  • Facebook
  • Twitter

ペットと暮らす毎日はとってもハッピーです。でも、大変なのが抜け毛。
抜け毛でエアコンに臭いがついたりフィルターが汚れたりするので、空気清浄器を併用したり、こまめにカーペットやソファーにからまった毛や、フローリングの上をふわふわと舞う毛をお掃除しておくのがポイントです。

エアコン使用時には、空気清浄器はエアコンの反対側に設置すると、抜け毛を効率的に集めることができますよ。

放っておくとアレルギーの原因になることも

「たかがペットの毛」と侮るなかれ。猫の毛やフケがアレルギーの原因になることを知っている人は多いかもしれませんが、実は犬やハムスターの毛やフケ、鳥の羽などもアレルギーを起こすことがあります。ペットの抜け毛は、たんぱく質のかたまりで、菌やダニが繁殖しやすく、アレルギーの原因になることもあるのです。
また、食べこぼしも放っておくと、嫌~なニオイの原因になったり、害虫を呼び寄せてしまうことがあります。ちょっとの汚れだからと放っておかずに、こまめにお掃除をすることは、ペットと家族の健康のためにも大切です。

汚れによってお掃除の仕方はいろいろ

ちょっとした汚れといっても、毛や猫砂のように掃除機で吸い取れる汚れもあれば、水の飛び散りのように乾ぶきだけでよい汚れ、ウェットフードの食べこぼしのように水ぶきをしなければならない汚れもあります。トイレの粗相や吐しゃ物などは、水ぶきとあわせて除菌もしたほうが安心です。気づいたときにすぐに取り出せる場所にお掃除道具を置いておけば、どんな汚れに出会ってもこまめにお掃除ができます。

吸い取りもふき掃除も、これ1台!

気になるところを気づいたときにササッとお掃除

  • ショップジャパンの「スイークルふきとりクリーナー」は、市販のワイパーシートをセットすれば、ゴミを吸い取りながらふき掃除もできる新感覚のハンディ掃除機。
  • ワイパーシートはドライタイプもウェットタイプもどちらもOK。乾ぶきにはドライタイプ、水汚れや油汚れにはウェットタイプがおすすめです。
  • ヘッドが小さくスリムなので家具のすき間もラクラク。カーペット、フローリング、畳など、いろいろな床に使えます。
  • 1.5Lのペットボトルよりも軽くて、コードレスなので移動もラクラク。気になったところに気づいたときにすぐに持って行けます。

ペットと暮らしていると、お部屋はどうしても汚れてしまいます。清潔に保つためには、汚れをこまめにお掃除することが大切です。お掃除の基本は、吸い取りとふき掃除。両方を同時に行えば、より効果的に汚れを取り除くことができます。ペットと家族が気持ちよく快適に暮らすためにも、毎日、こまめにお掃除をしてお部屋を清潔にしておきたいものですね。

ペットの毛や食べこぼし…、気になる汚れとラク~に付き合うには?

Share
  • Facebook
  • Twitter

WOW!な体験記事