WOW!ライフ

  • 掃除

オリジナルラベルでバスルームやキッチンの収納がスッキリ、ステキに!

  • Facebook
  • Twitter

今、シャンプーやリンス、洗剤などを別のボトルに移し替えるのが人気です。ボトルの色や形を揃えるだけで、バスルームや洗面台、キッチンの収納がすっきりとおしゃれに見えるというのが人気の理由。そこでオススメしたいのが、オリジナルラベルを使ってのボトルのカスタマイズ。わざわざ高いボトルを買わなくても、雑貨屋さんや100円ショップで売られている手頃な値段のボトルに、オリジナルのラベルを貼るだけでいいのでとっても簡単。シンプルなデザインのボトルを選べば、どんな空間にもマッチします。

ダウンロードするだけでオリジナルラベルに

ラベルは自分でデザインしたものを印刷して貼るのもよし、市販のラベルシールに手書きの文字を書いても味があります。「自分でデザインするのはちょっと……」という人は、オリジナルラベルを作れるアプリやテンプレートを活用するという手もあります。
今回使ったのは、どんなボトルにも合わせられるシンプルなモノトーンのラベルです。ラベルのデータは無料でダウンロードできるので、自宅のプリンターで印刷してぜひ活用してください。
「通常タイプ」ラベルデザインのダウンロードはこちら(PDF)

水回りのボトルは耐水、撥水シールを使用

シャンプーやリンス、洗剤など、水回りに置くボトルのラベルは、水に濡れたときに文字がにじんだりシールがはがれたりしないように、撥水シールや耐水シールを使いましょう。
反転したラベルのデータを耐水性、耐熱性に優れている転写シールに印字し、それをボトルに貼るのもオススメです。ダウンロード用のデータには反転タイプも用意しているので、こちらも活用してください。
「反転タイプ」ラベルデザインのダウンロードはこちら(PDF)

バランスよく見せるポイントはボトルの色とラベルの位置

透明のボトルを使うとシャンプーやリンスなど中身の色が見えてしまうので、空間をすっきり見せたいなら、白や黒など中身の見えない色つきのボトルを選びましょう。ラベルやボトルの色を変えれば、中身がひと目でわかります。
ラベルは、最初に仮置きをして位置を決めてから貼りましょう。センターより少し上に貼ると、バランスよく見えます。ボトルを並べたときにすっきり見えるように、ラベルを貼る位置は揃えること。ボトルの大きさが違うときには、ボトルの上からの長さを揃えると統一感が出ます。

オリジナルラベルを使った収納は、バスルームやキッチン以外にも、いろいろなシーンで応用できます。たとえば、塩や砂糖、コショウなど、バラバラの容器に入っている調味料を同じ形のボトルに詰め替えてラべリングをすればキッチンはすっきりします。ダストボックスも、燃えるゴミと燃えないゴミをラべルで区別しておけば、家族がゴミを捨てるときに悩まずにすみます。文字が読めない小さな子どもがいる家庭は、文字の代わりにイラストをラベルに印刷してもいいですね。アイデア次第で、お部屋はすっきり、収納も楽しくなります。

オリジナルラベルでバスルームやキッチンの収納がスッキリ、ステキに!

Share
  • Facebook
  • Twitter

WOW!な体験記事