WOW!ライフ

  • 掃除

1年の汚れを落としてスッキリ! 今年こそ、早めに終わらせたい大掃除

PR記事

  • Facebook
  • Twitter

新年を迎える前に、1年の煤やほこりを落とす大掃除。しかし、年末の忙しい時期に大掃除をするのはなにかと大変です。いつも、大晦日を前にして、慌ただしく大掃除をしているという人も少なくないのでは? 年末にやるものと思われている大掃除ですが、実は12月13日に神社仏閣で行われる煤払いが起源とされています。家庭でも12月上旬までを目途に大掃除を終わらせておくと、年末年始を家族みんなでのんびりと過ごせます。

油や手垢で汚れている冷蔵庫や収納棚をチェック

キッチンでは、ふだんの水ぶきでは落としきれない油汚れがたまっている換気扇やコンロのまわりを重点的にきれいにします。冷蔵庫や収納棚にしまいっぱなしの食材や調味料、食器などを取り出し、整理整頓と合わせて水ぶきします。触れる機会が多く手垢で汚れやすい扉や取っ手、汚れがたまりやすいポケットなども念入りに。

窓ガラスだけでなくサッシのレールも忘れずに

ガラス窓の掃除は、暖かい日の昼間にやるのがおすすめです。窓を開けっ放しにしておけるし、ふきムラもわかるからです。汚れのひどい外側から掃除をすると、ふき残しも減らせます。サッシのレールにたまったホコリはハケブラシでかき出しながら、掃除機で吸い取りましょう。

下駄箱をきれいにして玄関もスッキリ

下駄箱の靴をすべて出し、掃除機やハケブラシで棚板のホコリを取り除いてから水ぶきします。たたきも同じように、ほこりを掃除機で取り除いてから水ぶきします。玄関は湿気やにおいがこもりやすい場所でもあるので、ふだんは掃除しない場所も徹底的にきれいにしましょう。手垢がつきやすいインターホンや扉回りも忘れずに。

ガンコな汚れをササッと落とす隠し技?

高温ドライスチームが汚れを落としながら除菌もする

  • 洗剤につけおきしたり、スポンジでゴシゴシこすったりと、大掃除で面倒なのがガンコな油汚れです。ショップジャパンの「シャーク スチーム ポータブル」は高温ドライスチームで油汚れを浮かせて取り除くので、ガンコな油汚れも短時間で落とせます。
  • 窓ガラスはふきムラができやすいため、濡らした雑巾でふいた後に、乾いた雑巾で二度ぶきするというのが一般的です。「シャーク スチーム ポータブル」ならふき跡が残らないので、乾ぶきする必要もありません(※網入りガラスなど熱に弱いガラス製品には使用しないでください)。
  • 「シャーク スチーム ポータブル」は、高温ドライスチームで汚れを落としながらカビも除菌するので、常に清潔にしておきたい冷蔵庫やキッチンまわり、浴槽の掃除にもピッタリです(※電子回路の部分にはスチームをかけないでください)。

大掃除だからといって、家全体を徹底的にきれいにしようとすると、手間も時間もかかってしまいます。大掃除にかけられる日数は限られているので、大掃除ではふだんはあまり掃除をしない部屋や場所を重点的に掃除するようにすると効率的です。誰がどこを掃除するか、家族みんなで計画を立てておくのもいいですね。1年間の汚れをすっきりと落として、気持ちよく新年を迎えましょう。

1年の汚れを落としてスッキリ! 今年こそ、早めに終わらせたい大掃除

Share
  • Facebook
  • Twitter

WOW!な体験記事