WOW!ライフ

  • レジャー / ホビー

子どもの絵や習字も、お部屋を素敵に彩るアート作品に

  • Facebook
  • Twitter

二学期が終わって子どもが学校から持ち帰ってきた絵や習字。大切な思い出として引き出しにしまう前に、壁に飾って楽しんでみませんか? 落書きやメモも、意外や意外、壁に飾るとアートっぽい素敵なインテリアに変わります。
飾るときは、フレームに入れたり、マスキングテープで貼ったりするのはもちろん、スラックス用ハンガーやクリップボードに挟んで飾ったりと、ひと工夫加えると楽しげな雰囲気になります。テーマーカラーを決めておくと、ごちゃごちゃっとせずにコーナーにまとまりが生まれます。

ポストカードや子どもの絵が、おしゃれなインテリアに!

飾り方を少し工夫するだけで、おしゃれなインテリアのアクセントになるのがポストカードや写真。フレームにインして飾るのもステキですが、フレームを使わなくてもプチプライスで楽しむことができます。
今回はクリスマスに合わせて、黒板塗料を塗ったボードに、カードや写真をツリーの形に飾りました。マスキングテープを使えば、ただ貼るだけなので面倒な作業は必要なし。マスキングテープで縁取りしてフレームのように見せたり、上と下の二辺にだけ貼ったりと、貼り方をちょっと変えるだけでおしゃれ度もアップします。

黒板用塗料を使ったお絵描きボードのつくり方はこちら

ポストカードや写真でつくるミニギャラリー

大切な人から届いた年賀状や写真を、枝に紐で吊るして飾ってみました。お正月らしく紅白の紐にテープで年賀状や写真を留めたら、あとは枝に結ぶだけ。
年賀状はもらってうれしいけれど、その後の収納に悩んでしまうこともよくあります。見えないところに収納するのではなく、こんなふうに飾っておくと、自分だけの小さなギャラリーとして楽しめます。

懐かしの音楽をフレームで楽しむ

最近はデジタルオーディオプレーヤーで音楽を聞くことが増え、CDやレコードを聞く機会は少なくなりました。しかし、時代が変わっても、大切な思い出とともに聞き続けたい音楽はあります。そんな大切な音楽を、おしゃれなインテリアとして部屋に飾ってはどうでしょう。専用のフレームを使えば、CDやレコードを壁やデスクにそのまま飾ることができます。ここ数年は、70年代や80年代に流行したレコードが、ジャケットとともに復刻しているので、そうしたCDやレコードを飾るのもよし。懐かしの思い出がよみがえります。

壁は部屋の中で大きな面積を占めるだけに、何もないと寂しげに見えてしまうことがあります。そんなときは、カードや写真、お気に入りの雑誌の切り抜きをフレームに入れたり、そのまま壁に貼ったりするだけで、部屋がアートな空間に変わります。リビングはもちろん、寝室、玄関、トイレなど、場所を問わずに楽しめるのも魅力です。簡単にできるので、さっそく始めてみませんか?

子どもの絵や習字も、お部屋を素敵に彩るアート作品に

Share
  • Facebook
  • Twitter

WOW!な体験記事