WOW!ライフ

  • クッキング

家族の1年の幸せを願って!手づくりの栗きんとんでお正月を迎えよう

PR記事

  • Facebook
  • Twitter

お正月といえばおせち料理。家族の安全と健康、五穀豊穣、子孫繁栄を願って年神様に供える料理です。最近は専門店やホテルのこだわりおせち料理を取り寄せる家庭が増えていますが、せめて一品でいいから手づくりに挑戦したいというママも少なくないようです。
そんなママたちに「手づくりしたいおせち料理」として人気なのが栗きんとん。黄金色に見えるその色合いが財宝を思わせることから、金運に恵まれ豊かな生活が送れるようにという願いが込められた縁起ものの料理です。

裏ごし不要。栗きんとんの簡単レシピ

栗きんとんには、ペーストして砂糖を加えたさつまいもに大粒の栗を入れたものと、つぶした栗に砂糖を加えて練り上げたものの2種類があります。地域によって違いがあるようですが、今回はさつまいもと栗を使った栗きんとんのつくり方をご紹介。ミキサーを使えば裏ごしせずにさつまいもをペースト状にできるので、簡単につくれます。自分でつくれば好みの甘さに仕上げられるのも手づくりならではのうれしいポイントです。

余った栗きんとんはスイーツにアレンジ

栗きんとんをつくったけれど、余ってしまったという話をよく聞きます。そんなときは、スイーツにアレンジして楽しみましょう。写真は、市販のタルトカップにホイップクリームと栗きんとんを絞って入れただけの簡単スイーツ。栗きんとんの甘さを生かしているので、味を調える必要もありません。おせち料理に飽きてきたころのアレンジレシピとしてもおすすめです。

基本の栗きんとんとアレンジレシピをチェック!

栗きんとん(4人分)

  • さつまいも 300g
  • くちなし 1個
  • 砂糖 50~80g
  • 栗の甘露煮 10粒 
  • 甘露汁 50~80cc

【つくり方】
①さつまいもは皮を厚めにむき、適当な大きさに切って水にさらしておきます。
②鍋に①、くちなし、かぶるくらいの水を入れてさつまいもがやわらかくなるまで煮ます。
③ミキサーに水気を切った②、砂糖、甘露煮の汁を入れて撹拌します。
④③を鍋に戻し、弱火で照りがでるまでよく練ります。

栗きんとんタルト(4人分)

  • 栗きんとん 適量
  • タルトカップ 4個
  • ホイップクリーム 適量
  • トッピング(栗甘露煮、栗渋皮煮、セルフィーユ、チョコレート棒などお好みで)

【つくり方】
①タルトカップにホイップクリームを絞り、その上に栗きんとんを絞ります。
②栗の甘露煮と渋皮煮、セルフィーユ、チョコレート棒などをお好みで飾ります。

裏ごし不要でスピードもアップ

さつまいものペーストもクリームの泡立てもこれ1台

  • ショップジャパンの「マジックブレット」は、ジューサー、ミキサー、ミルなどの機能が1台になった調理器具。「きざむ」「おろす」「する」「まぜる」「くだく」「ひく」「あわだてる」がワンプッシュでできるので、料理の下ごしらえがカンタンにスピーディにできます。
  • 食材をなめらかに、きめ細やかな食感にするための工程が裏ごしです。しかし、冷めると材料が硬くなり、こしにくくなってしまいますが、冷えてしまったさつまいものペーストやホイップクリームの泡立ても、これがあれば簡単です。

栗きんとんをつくるのは面倒だと思っていませんか? 実は、面倒なのはさつまいもを裏ごししてペーストにする工程だけ。そこさえ乗り越えれば、あとは味を調えるだけなので、意外や意外、カンタンなんです。ミキサーを使えば裏ごしをする必要もないので、あっという間に出来上がります。「年末は忙しいから…」と敬遠していたおせちづくりを、まずは栗きんとんから始めてみては?

家族の1年の幸せを願って!手づくりの栗きんとんでお正月を迎えよう

Share
  • Facebook
  • Twitter

WOW!な体験記事